Menu

ベストタイミングを知ろう

男女

利用者の行動と逆をつく

料金は一律ではないにしても、値段交渉という裏技を使うことにより、ときには見積もり提示の半値以下で引越しができることさえあります。まず知っておきたいのは、トラック台数によって大まかな料金が決まる点ですし、引越し業者をどのように選んでいるのかといえば、料金でしょう。しかし、知っておきたいのは「安い」にはそれなりに理由があるということです。少しの荷物でも、梱包サービスに不備があれば、破損や欠損に繋がります。加えて、荷物のみならず、物件に傷が付くことさえ無きにしも非ずで、賃貸ならば補修・改修などの費用が掛かることにもなり得る問題です。万が一のトラブルには保険が適用されますが、無償でなく条件付きの場合もあるため、安い理由を事前に確認しておきましょう。加えて、料金が割高になる時期も知っておきましょう。それは、引越しシーズンとなる2月から4月初旬です。また、知名度の低い業者ではトラックを稼働させたいがゆえに、多少の無理難題にも応えてくれる確率大です。例えば、梅雨時期、深夜や早朝など、利用者ができれば利用したくない時間や時期が狙い目です。この結果、単身パック(県内引越し)で、1トントラック1台、スタッフ1名の料金の相場が5万円から7万円ですが、この料金でスタッフを増員させ、スピーディーに作業を進めることさえ可能です。経験者いわく、引越しには体力的・精神的にストレスが生じやすくなるため、少しでもゆっくりできる時間が作れる、後回し作業をこなせる、こうした利点もあります。月でいえば、20日以降は避けて、月はじめに引越しをすることもポイントです。賃貸物件にいえる内容ではありますが、日割りでの家賃の支払いを誰もが考えるため、トラックが空きやすいのは月はじめです。

Copyright© 2019 引越しの料金設定を事前に見積もりを取得して調べて比較し少しでも安く済ませる All Rights Reserved.